アラフォー婚活を成功させる4つの方法

アラフォー女性。
成熟した大人の女性ですから1人でも生きていけますよね。
仕事も順調、それなりに貯金もできた。日々の楽しみ方も、有意義な過ごし方も知っている。

けれど、ちょっぴり寂しいときもありますよね。
老後のことだって心配です。

そこで、浮かんでくるの言葉は「結婚」。
うるさくせっつく両親もあきらめの境地で、親戚や知り合いからのお見合い話もすっかりなくなった今日のこの頃。

改めて結婚を意識したアラフォー女性に、婚活を成功させるちょっとしたスパイスをお届けします。

婚活中を積極的にアピール

アラフォー世代になると「結婚したい」と口にするのが少し恥ずかしいと感じてきませんか?
周囲のひとにも、「結婚なんて興味ないわ」的な態度をとってしまったり。

けれど、アラフォー世代の女性が結婚を切望するのは、恥ずかしくなんてありません。
どんどん周囲にアピールして、お相手の紹介をお願いしましょう。

なにせ、結婚するためにはまず相手と出会わなくてはいけません。
出会いがないから現在に至る…なんて人も多いのではないでしょうか。
宝くじだって、買わなきゃ当たらないのです。

恥ずかしいからこっそり相談所にでも登録しよう…

こんなネガティブな考えで、出会いの機会を減らしてしまうのはもったいないですよ。

さて、ここで肝心なのは、言葉だけでアピールしてもダメだということ。

周囲のひとに「あの人に紹介したいな」と思ってもらわなくていけません。
そのためには、結婚したいオーラを出す…のではなく、いつも清潔なおしゃれに気を遣い、誰にでも思いやりをもって接することが大事です。

積極的なアピールに加え、自分を見つめなおし磨くことも大切です。

忘れましょう!「若いころモテてました」

「若いころモテたでしょ?」なんて聞かれることありませんか?
独身のアラフォー女性には「なんでこの人が?」と思うほどきれいな人が多いように思います。

若いころに恋の武勇伝が多くある人は、それが婚活の邪魔をしてしまいます。
モテたという事実が自分の「プライド」になっているからです。

モテていた過去をプライドにすることは、自分の自信にもなり決して悪いことではありませんが、婚活には不必要。
ついつい昔の恋と比べて、せっかく紹介された相手も色あせて見えてしまうかもしれません。

若いときの武勇伝は心にしまって、新しい価値観を見つけてください。

けれど、過去の恋愛は自分を見つめなおすとっておきの材料にもなることもあります。

あのときなぜ結婚まで進まなかったのだろう。
仕事ばかり優先する彼を許せずふってしまった。

振り返ってみると、反省することもあるのではないでしょうか。

モテていた過去は、たまに思い出して、同じ過ちを繰り返さない予防線にするくらいにしておきましょう。

妥協ではなく、求めるものを限定する

どのような人と結婚したいか、ぼんやりとでも想像しますよね。

背が高くてぇ、優しくてぇ、スポーツマンでぇ、年収は500万円以上でぇ、両親と同居はなくてぇ…

と、ちょっと待ってください。
20代のときに持っていた結婚相手への条件と一緒じゃないですか?

そういう人は、たいていすでに結婚しています。
若い時にあなたが望んだものは、他の女性も望んでいたのですから。

アラフォーだから妥協しなくちゃいけないの?と言うわけではありませんが、アラフォー世代のあなたが選ぶお相手も、近しい年齢。
もう、王子様じゃないのです。
ふつうに「おじさま」です。

そこで考え方を変えて、ここだけは譲れない条件を3つほど用意するのがよい方法です。

今後、20年以上は一緒に暮らす相手です。
3つくらい条件を付けても罰は当たりません。

いやな面があっても、気に入っているところは必ず3つはあるのですから。

目指せ!友達カップル

さて、無事にお相手が見つかっても、2人の相性が合わなければ結婚には至りません。

若いときのように、モーレツに盛り上がる愛の炎!なんてことはないでしょう。
そんなとき、「この人つまんない…」、「なんか違う…」と感じるかもれません。

お互い、社会人としての経験が長いため、坦々とプロセスをすすめる思考が出来上がっています。
刺激は少ないかもしれません。

また、お互い人間としても完全に成形されています。
若いころのように、何もかも受け入れることはできないでしょう。

そんなアラフォー世代には、お互いに深く干渉せず、お互いの趣味や行動を尊重する、友達のようなカップルになることがベストです。

成熟した大人同士が出会うのです。すぐに好きななったりはできないでしょう。
けれど友達のように接する中で、恋愛感情が自然と湧き上がってくれば「結婚」まで秒読み態勢になるはずです。

終わりに

待っているだけでは、結婚相手はやってきません。
積極的になることが大切です。

そして大事なのは、結婚を望んでいるのは女性だけではないということ。
男性だって真剣に切実に結婚相手を探しています。

その事実がある限り、あきらめないで、楽しくポジティブに婚活をすすめてください。