年上女性とデートするときのポイント3つ

憧れの年上女性と初めてのデート。
やった〜!と喜んだのはいいけれど、
一体何に気を付けてどんなデートをすればいいのか困りますよね。

最初のデートは次に繋げるための大切な第一歩。
彼女に「また会いたいな」と思わせるような、好印象を残すことが大切です。

落ち着いた大人の彼女を前にしたら、舞い上がって何も言えなくなっちゃって…
なんて失態は絶対にNG!

彼女も自分も楽しめる、最高のデートを演出しましょう。

今回は、私自身が年下彼氏とデートを重ねてきた経験をふまえて、
「年上彼女とデートする時に絶対おさえておきたいポイント3つ」を、
こっそり教えてあげちゃいますね!

ポイントその1・背伸びをしない

相手が年上と思うとついつい構えてしまって、
過剰に大人の男を演じてしまう年下の彼。
気持ちはよ〜く分かるのですが、これは絶対にNGです。

本人はリードしてるつもりでも、
「この人、なんでこんなに偉そうにしてるの?」と、
彼女は普通に嫌な気持ちになってしまいます。

それは彼女に対してだけではなく、
ショップやレストランの店員さんに対しても同じです。
大人っぽく対応しているつもりでも、
慣れないと「ただの態度が大きい人」になってしまいます。

謙虚になりすぎる必要はありませんが、
年齢相応の「礼儀正しい態度」を取ることが大切です。

経験値の高い大人の彼女は、他の人に見せるあなたの態度が、
将来自分に向けられる可能性があることを知っています。
彼女だけに優しくて、他の人に偉そうな態度を取っていたら、
あなたに対する彼女の評価は大きく下がると思って下さいね。

背伸びをせず、「大好きなあなたと一緒にいられて幸せだ」
という気持ちで接すれば、彼女は間違いなくあなたに好感を持つでしょう。

ポイントその2・会計はスマートに

例えば食事に行ったとき、
年下の彼女なら当然のようにおごっていても、
相手が年上だったらどうすればいいんだろう?
そんな風に迷ってはいませんか?

もちろんご馳走したいんだけど、
かえって失礼になるのかな?とか、
年下だから素直におごってもらってもいいのかな?
と考えているとしたら、それは完全にNGです。

会計は、あなたがスマートに支払いましょう。
もしカードを持っていたらカードで支払うのがベスト。
キャッシャーでもたつくのを防げます。

よりスマートな会計をしたいときは、
食後、彼女がお手洗いに行っている間に済ませてしまいましょう。
金額を彼女に知らせることなく、会計を終わらせることができます。

大人の彼女は、自分に気を遣わせまいとしているあなたの優しさに気付き、
別の形で、あなたに素敵なお返しをしてあげようと考えるでしょう。

もし、彼女が「私が払うわ」と言って先に会計に行ってしまったら、
あなたはどうしますか?
「いや、僕が払います!」と慌ててレシートを取り返すとか、
「マジですか?ラッキー!」と大喜びでご馳走してもらうとか、
そんなことしませんよね?

この場合のスマートな対応は、
彼女が会計を済ませるのを待ってスマートにお礼を言い、
その日のうちに「さっきのお礼」と言って、彼女にプレゼントを買ってあげることです。
彼女はあなたの優しさとスマートさに、きゅんと心を掴まれてしまうでしょう。

ポイントその3・甘えすぎない

年齢差があると、女性はつい母性本能が芽生えてしまい、
あなたを子どものように扱うこともあるかもしれません。
大好きな彼女にそんな扱いをされたら、あなたは舞い上がってしまい、
ついつい甘えた態度を取ってしまいませんか?

決して彼女の態度を否定したり拒否したりする必要はありませんが、
調子に乗って「甘えん坊」になるのはNGです。
彼女は一瞬にしてあなたの態度に引いてしまいます。

年下の男性と付き合うとき、彼女が一番心配するのは、
(ちゃんとリードしてくれるのかな?)ということです。
女性は年齢に関係なく、愛され守られたいという潜在的な欲求があります。

会社ではバリバリ働いている強そうな女性ほど、
プライベートでは小さな少女に戻って、頼れる彼に甘えたいもの。
それなのに、彼が先に甘えてしまったら、自分の甘えたい欲求は宙に浮いてしまい、
甘えられる年上の男性に、気持ちが動いてしまうことだってあり得ます。

彼女があなたを子ども扱いしてきたときは、
彼女の態度を受け入れつつ、決して調子に乗りすぎない事。
けっして「甘えん坊」になっちゃダメですよ!
そして早い段階で、落ち着いた空気に戻す事です。

「この人と一緒にいるとなんだか落ち着くな」
そんな風に思われたら、ベストですね。

終わりに

いかがでしたか?
年上彼女の心をしっかり掴むには、
背伸びをせず、自然体でいながら、
年齢差を感じさせない落ち着いた態度で接することです。

最初のデートを楽しい時間にすることができたら、
なるべく早いうちに次のデートの予定を入れてくださいね。
そこはちょっと若さをアピールして、
「ぼく待てない感」を出してOKです!

大好きな彼女に、あなたのキモチがしっかりと届きますように!